最速でダーツを上達したい人に【Aフライト育成講座】販売中

ダーツゲームを種類別に解説|勝てる!ワンポイントアドバイスつき

ダーツのゲームのルールを解説

現役ダーツプロ&ダーツバー店員の「なよ」です。

本記事では、ダーツゲームを種類別に解説します。

ダーツのゲームのルールは?

どのゲームから覚えたら良いの?

それぞれのゲームのコツを教えて!

これらの疑問に答えます。

ダーツには様々なゲームが用意されています。

プロの大会でも使われるゲームから、パーティー用のゲームまでさまざま。

この記事では、ダーツ初心者に向けて、優先順位の高い順番でゲームを紹介しました。

それぞれのルールはもちろん、勝つためのワンポイントアドバイスも紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の著者
真なよダーツ。管理人「なよ」

ダーツブロガー

なよ@nayokaeru

nayo

詳しいプロフィール
  • ダーツ歴6年
  • ダーツバー勤務2年
  • ダーツプロライセンス所有
  • ダーツライブマイスター所有
  • 最高月間15万アクセスのダーツブログ「なよダーツ。」管理人

→なよの詳しいプロフィール

目次

ゼロワンゲーム(01)

ダーツのゼロワンのゲーム画面
ゲーム名ゼロワン
勝利条件点数を一番最初にピッタリ0点にした人
プレイ人数1〜4人(ダブルス可)
ラウンド数15、20ラウンドが主流
ブルの点数50点
難易度(Max5)

ダーツゲームの中でも最も知名度が高い「ゼロワン」。

点数を減らしていき、ピッタリ0点にした人が勝者です。

ゼロワンは以下の6種類あります。

  • 301
  • 501
  • 701
  • 901
  • 1101
  • 1501

ゲーム名の点数からスタートします。

点数が大きくなるほど難易度が上がり、901以上は上級者向けです。

初心者には501がちょうど良いでしょう。

なよ

ダーツが初めて!と言う人は301もオススメです。

勝てる!ゼロワンのワンポイントアドバイス

ゼロワンで大切なのは、最後にピッタリ0点にすることです。

ピッタリ0点にするために、残り点数が100点以下になったら点数の調整を始めましょう。

初心者の方は、50点か32点になるように点数を調整するのがオススメです。

どちらも0点にしやすいので、勝つ確率を上げることができますよ。

→ゼロワンについて詳しく知りたい方はこちら

スタンダードクリケット(STANDARD CRICKET)

ダーツのスタンダードクリケットのゲーム画面
ゲーム名スタンダードクリケット(クリケ)
勝利条件全陣地をオープンして相手よりも点数が高いorゲーム終了時に点数が高い
プレイ人数1〜4人(ダブルス可)
ラウンド数15、20ラウンドが主流
ブルの点数ブルの中心50点、外側のブル25点
難易度(Max5)

戦略が重要な陣取りゲーム「スタンダードクリケット」。

スタンダードクリケットは基本的に2人でプレイするゲームです。

ルールが少し複雑なので、クリケットの特徴を箇条書きにしました。

  • 20、19、18、17、16、15、ブルの6つのエリア(クリケットナンバー)を陣地として利用する
  • クリケットナンバーにダーツを3本入れると自分の陣地にできる(オープンと言う)
  • 自分の陣地にダーツを入れると、そのナンバーの得点を加算する
  • 相手の陣地に3本ダーツを入れると、そのエリアは使えなくなる(クローズと言う)
  • 相手よりも先に全ての陣地をオープンして、相手よりも点数が高いと勝利
なよ

ダブルとトリプルは、2本と3本扱いになります!

勝てる!クリケットのワンポイントアドバイス

陣地をオープンしていく順番は、以下が強いです。

20→19→18→17→16→15→ブル

点数の高い順番に狙い、最後にブルを狙うのが良いでしょう。

また、相手よりも常に高い点数をキープすると勝ちやすくなります。

自分の陣地をオープンしたら、自分の陣地にダーツを入れて加点していきましょう。

十分に点数差がついてから、相手の陣地をクローズしてみてくださいね!

クリケットは複雑なルールなので、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

→クリケットを完全攻略した記事はこちら

カットスロートクリケット(CUT THROAT CRICKET)

ダーツのカットスロートクリケットのゲーム画面
ゲーム名カットスロートクリケット(カットスロート)
勝利条件全陣地をオープンして相手よりも点数が低いorゲーム終了時に点数が低い
プレイ人数3〜4人(ダブルス可)
ラウンド数15、20ラウンドが主流
ブルの点数ブルの中心50点、外側のブル25点
難易度(Max5)

3人以上の多人数で対戦するクリケットが「カットスロートクリケット」です。

スタンダードクリケットと勝利条件が逆なので注意しましょう。

自分の陣地に加点をすると、そのナンバーをオープンしていない人の点数が上がります。

最終的に点数が一番低い人が勝者です。

それ以外のルールはスタンダードクリケットと同じです。

勝てる!カットスロートクリケットのワンポイントアドバイス

基本的な戦略はスタンダードクリケットと同じです。

大きいナンバーの順番に陣地をオープンしましょう。

また、相手よりも点数を常に低い状態をキープできるように立ち回るのもポイントです。

カットスロートクリケットでは、多人数で戦うので終盤の流れに注意

気づいたら1対2や1対3という偏った戦いになりがちです。

なよ

敵を作らないのもカットスロートクリケットの一つのコツかも…。

メドレー(MEDLEY)

ダーツのメドレーのゲーム画面
ゲーム名メドレー(レグ、マッチ)
勝利条件先に2本、3本、5本を先取した人が勝ち
プレイ人数2人(ダブルス可)
ラウンド数選択ゲームによる
ブルの点数選択ゲームによる
難易度(Max5)

メドレーは複数のゲームを連続でプレイするゲームです。

3レグ(2本先取)のメドレーが一般的ですが、5レグ(3本先取)、7レグ(4本先取)もあります。

一般的な3レグでは、下記の流れが多いです。

ゼロワン → クリケット → ゼロワンorクリケット

勝てる!メドレーのワンポイントアドバイス

3戦目まで試合が進んだ場合は、コークによって先攻後攻を決めます。

先行を取られた場合は、クリケットを選ぶのがオススメです。

先攻が圧倒的に有利なゼロワンよりも、勝つ確率が上がりますよ。

→メドレーの詳しい解説はこちら

カウントアップ(COUNT-UP)

ダーツのカウントアップのゲーム画面
ゲーム名カウントアップ
勝利条件最終的に点数が一番高い
プレイ人数1〜4人(ダブルス可)
ラウンド数8ラウンド
ブルの点数ファットブル(50点)
難易度(Max5)

ダーツの練習用ゲームとして最も人気のあるのが「カウントアップ」です。

点数を加算していき、最後に一番点数が高い人が勝者の非常にシンプルなルール。

初心者はもちろん、上級者も練習として愛用しています。

初心者の方はまずは500点を目指してプレイしてみてください!

勝てる!カウントアップのワンポイントアドバイス

カウントアップでは、基本的にブル(ダーツボードの真ん中)を狙います

ブルは50点と高得点なので、1本入れば逆転することもできます。

どうしてもブルが入らない時は、ダーツボードの左下(19、7、16あたり)を狙うのもオススメ。

全体的に点数が高く、着実に点数を減らすことができます。

→あなたの目標点数も分かる!カウントアップ解説

クリケットカウントアップ(CRICKET COUNT-UP)

ダーツのクリケットカウントアップのゲーム画面
ゲーム名クリケットカウントアップ(クリカン)
勝利条件最終的に点数が一番高い
プレイ人数1〜4人(ダブルス可)
ラウンド数8ラウンド
ブルの点数セパレートブル(ブルの中心50点、外側のブル25点)
難易度(Max5)

クリケットカウントアップは、クリケットナンバー(20〜15、ブル)を使ったカウントアップ。

点数を加算していき、最後に一番点数が高い人が勝者です。

クリケットの練習用ゲームとしても人気が高いのが特徴です。

ラウンドごとに順番が決まっており、以下の順番で狙う必要があります。

  • 1ラウンド:20ナンバー
  • 2ラウンド:19ナンバー
  • 3ラウンド:18ナンバー
  • 4ラウンド:17ナンバー
  • 5ラウンド:16ナンバー
  • 6ラウンド:15ナンバー
  • 7ラウンド:ブル
  • 8ラウンド:クリケットナンバー全て

ダーツのモニターに狙う順番は表示されるので覚えなくてOKです。

初心者の方の目標は300点です。

勝てる!クリケットカウントアップのワンポイントアドバイス

クリケットカウントアップは難易度の高いゲームです。

そのため、点数が取れなくても心配する必要はありません。

まずは、しっかりとシングルに入れることを意識して投げましょう。

ダーツの実力がついてきたら、勝手に高得点が取れるようになっていますよ。

→クリケットカウントアップの詳しい解説はこちら

ビッグブル(BIG BULL)

ダーツのビッグブルのゲーム画面
ゲーム名ビッグブル
勝利条件最終的に一番点数の高い人が勝ち
プレイ人数1〜4人(ダブルス可)
ラウンド数8ラウンド
ブルの点数トリプルリングの内側が50点
インナーブルは70点
難易度(Max5)

ビッグブルは初心者におすすめのパーティーゲームです。

基本的なルールのベースはカウントアップと同じです。

ビッグブルでは以下の2つの特殊なルールがあります。

  • トリプルリングの内側が全てブルになる(50点)
  • インナーブルは70点になる

初心者でも簡単にハットトリックが出せるようになりますよ!

勝てる!ビッグブルのワンポイントアドバイス

ビッグブルはトリプルリングの内側全てがブルになるので、ひたすらブルを狙い続けるのがコツです。

なんとしてもトリプルリングの内側に3本ダーツを入れ続けることを意識しましょう。

中級者以上の実力があれば、いかにインナーブルに入れるかが勝負の鍵になります。

→ビッグブルの詳しい解説はこちら

シュートアウト(SHOOT OUT)

ダーツのシュートアウトのゲーム画面
ゲーム名シュートアウト
勝利条件最終的に点数が一番高い
プレイ人数1〜4人(ダブルス可)
ラウンド数8ラウンド
ブルの点数セパレートブル(ブルの中心50点、外側のブル25点)
難易度(Max5)

シュートアウトはプロ試験にも使われる難易度の高いゲームです。

ターゲットにヒットするごとに、得点の倍率が上がっていくのが特徴で、最大21倍の得点ボーナスがつきます。

また、一度ヒットしたナンバーは、このゲームでは使うことができなくなります。

最終的に得点が一番高い人が勝者です。

なよ

全ナンバーにヒットさせると「ブルボーナスタイム」!

勝てる!シュートアウトのワンポイントアドバイス

シュートアウトは、後半になるほど得点の倍率が上がります。

そのため、序盤は小さいナンバーを狙い、終盤で高得点ナンバーを狙うのがこつです。

後半で一気に得点を伸ばすことができますよ。

狙う順番は、1から順番に20まで狙い、最後にブルにヒットさせるのが理想です。

→シュートアウトの詳しい解説はこちら

イーグルズアイ(EAGLE’S EYS)

ダーツのイーグルアイのゲーム画面
ゲーム名イーグルズアイ(イーグルアイ)
勝利条件最終的に点数が一番高い
プレイ人数1〜4人(ダブルス可)
ラウンド数8ラウンド
ブルの点数セパレートブル(ブルの中心50点、外側のブル25点)
難易度(Max5)

イーグルズアイは上級者専用の非常に難易度の高い練習用ゲームです。

基本的なルールはカウントアップと同じです。

ただし、ブル以外は全て0点!

しかもブルはセパレートブルが採用されていて、ブルの中心が50点、外側のブルが25点になっています。

ブルに入らないと話にならない、プロ御用達のゲームと言えるでしょう。

勝てる!イーグルズアイのワンポイントアドバイス

イーグルズアイにワンポイントアドバイスは存在しません…。

とにかく必死にブルを狙う、これだけです。

そのため、ダーツ初心者にはオススメできないゲームです。

カウントアップやゼロワンで実力をつけてから、挑戦してみてください。

→イーグルアイの詳しい解説記事はこちら

まとめ:ダーツのゲームを徹底解説

以上、今回はダーツのゲームを種類別に解説しました。

ダーツにはたくさんのゲームがありますが、この記事では優先度の高い順番で紹介しています。

ゆっくりと順番に覚えていただければOKです。

このブログでは、各ゲームごとに詳しいルール解説や勝つためのポイントを紹介しています。

気になったゲームの記事を読んでみてくださいね。

なよ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

目次